カテゴリー別アーカイブ: cyclemotion

いきなり台湾へ

こんにちは、サイクルモーション・アンバサダーのREIです!

taichungThe Bike Journal代表の難波さんから急に航空券を渡され(eチケット)、「台湾居るから来い」の一言。芸人さんの寝起きを襲撃して謎の指令を与えるプロデューサーが出て来た、あの往年の無茶ぶり番組のようで、もう本当に参りました。僕はどこへ行くんですか、「自転車に関係がある、来れば分かる」、もう少し教えてもらえませんか。。。

というわけで気付けば台中という、台湾中西部の都市です。羽田発の国際線は初めてだーい、と喜ぶのも束の間、三時間半の空の旅を爆睡して楽しみ、台北から新幹線に乗り、ここに到着しました。なにやら自転車の街だそう。いよいよサイクルモーションらしくなってきた!と思ったのですが、そうでもなく、街中はスクーターはたくさんいるのですが、自転車がいません。難波さんが自転車に関連する非常に重要な街だというものだから、てっきり自転車がたくさんいるのかと思ったのに、いないじゃないかー!もうお願いしますよぉ…。

「実はこの台中には、大手のメーカーの工場が集中しており、ここが自転車の中心なのだ。」とのこと。それ先に言ってー!まじですかー!「工場を見学する許可を得たので、サイモーアンバサダーとして勉強しに来い」ですって。

工場見学に連れてってもらえるのは光栄ですが、のっけからちょっとやっちゃいました。台湾って南国なリゾートかと勝手に思い込んでて、ビーチっぽいショーツとTシャツしか持ってきませんでした。そんな格好でメーカーの本拠地に潜入して失礼じゃないのかな。

「いいから早く来い」、はいすみません、今行きます。

Cyclemotionの本編公開まで後少し。乞うご期待!

REI

サイクルモーションはアンダーコンストラクション

サイクルモーションはアンダーコンストラクション
DSC06639
サイクルモーションの公開を首を長くして今か今かとお待ち頂いているみなさま、サイクルモーションアンバサダーのREIです。

四方八方からサイクルモーションの公開はまだかと突っつかれておりますが、はい、申し訳ありません、まだです。もうちょっとなんです。

よくウェブサイトが公開されるまでの間、404not foundとか、公開されてもunder construction(工事中)とかありますよね。まさに、サイクルモーションは「工事中」。サイトがではなくて、これが本当に工事中なんです。バイクジャーナル&サイクルモーション編集部がっ!
DSC06654
DSC06652

DSC06647

DSC06651
バイクジャーナル代表の難波さんによれば、自転車の主要なブランド、例えばトレックだとか、スペシャライズドだとか、キャノンデールだとかは大体、ガレージかトレーラーハウスから始まったそうで(キャノンデールは無人駅舎の2階から始まったらしいです。普通の倉庫じゃダメだったのでしょうか。)、マウンテンバイクだってゲイリー・フィッシャーさんの家のガレージで始まって、そのままマウンテンバイク社を創業したらしいです。それに肖って、サイクルモーションもガレージから、ということだそうです。深い、のか。

ですから何故か、日本が世界に誇るイナバのガレージに編集部を作る所から始まっています(建築確認取得済み)。オンラインサイトなのに。。

APPLE含めてガレージから始まった伝説は沢山聞いた事がありますが、ガレージを建てるとこから始まるというのはあまり聞いた事がありません。ありものの倉庫じゃダメなんでしょうか。とにかく良く解りませんが、何なんでしょう。このワクワク感。
DSC06653
日曜日どころかクリスマスにも大工した事の無いメンバーでセルフビルドなので遅々として工事が進んでいない=サイトは出来ているのに編集部が出来ないと自転車が集められないので取材も何も出来ない=サイクルモーションがローンチされない。という負の連鎖的な雪だるま方式ですが、諸説によるとジャパンカップの頃には工事が終わるのではないかと言われています。サイクルモーションの正式リリースまでホントにあと少し。頑張って編集部作ってますので、もうしばしお待ちください。伝説はガレージから生まれる、らしいのです。

REI

サイクルモーション、始まる。

cyclemotion
誰でも感じた事のある、乗り物に初めて乗った時の感動。これから自転車を始めたい、始めたけれど楽しみ方が良く解らないという人にお送りする、初・中級者向けサイクリング情報サイトがサイクルモーションです。

自転車の選び方、乗り方から、遊ぶフィールドまで、本物の初心者・中級者のタレントが自転車のエキスパートから習う形式でお伝えするサイクルモーションでは、あなたの目線に立った役に立つ情報をお届けします。

自転車+エモーション。サイクルモーションがまもなく始まります。

CYCLEMOTION by The Bike Journal