いきなり台湾へ

こんにちは、サイクルモーション・アンバサダーのREIです!

taichungThe Bike Journal代表の難波さんから急に航空券を渡され(eチケット)、「台湾居るから来い」の一言。芸人さんの寝起きを襲撃して謎の指令を与えるプロデューサーが出て来た、あの往年の無茶ぶり番組のようで、もう本当に参りました。僕はどこへ行くんですか、「自転車に関係がある、来れば分かる」、もう少し教えてもらえませんか。。。

というわけで気付けば台中という、台湾中西部の都市です。羽田発の国際線は初めてだーい、と喜ぶのも束の間、三時間半の空の旅を爆睡して楽しみ、台北から新幹線に乗り、ここに到着しました。なにやら自転車の街だそう。いよいよサイクルモーションらしくなってきた!と思ったのですが、そうでもなく、街中はスクーターはたくさんいるのですが、自転車がいません。難波さんが自転車に関連する非常に重要な街だというものだから、てっきり自転車がたくさんいるのかと思ったのに、いないじゃないかー!もうお願いしますよぉ…。

「実はこの台中には、大手のメーカーの工場が集中しており、ここが自転車の中心なのだ。」とのこと。それ先に言ってー!まじですかー!「工場を見学する許可を得たので、サイモーアンバサダーとして勉強しに来い」ですって。

工場見学に連れてってもらえるのは光栄ですが、のっけからちょっとやっちゃいました。台湾って南国なリゾートかと勝手に思い込んでて、ビーチっぽいショーツとTシャツしか持ってきませんでした。そんな格好でメーカーの本拠地に潜入して失礼じゃないのかな。

「いいから早く来い」、はいすみません、今行きます。

Cyclemotionの本編公開まで後少し。乞うご期待!

REI